略して・・・甘納豆ブログ! でもテニス関係のブログです。
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月30日、31日で行われた全日本クラブ選手権にYONEXストリンガーとして行ってきました

30日は台風の為中止でしたが、31日は晴間も見えて気持ちいい天気でした
ストリングはいつもながら、サイバーナテュラル クロス、サイバーナテュラル シャープが好評。
やっぱカラーストリング使用者が多いですね。
YONEX ストリング商品ページ

IMG_0378_convert_20101103114642.jpg

ヨネックスクラブは男子1チーム、女子2チームが出場し、女子Aチームが2年連続のベスト4に入りました。

女子Aチームの準決勝(八城・工藤)で健闘を見せるも敗退してしまいました。
IMG_0385_convert_20101103114704.jpg
ヨネックスのクラブの選手は実業団選手と違い、練習がほとんどできないようです。
皆さんヨネックスの営業職だったり、フロント業務だったり、ラジバンダリ(古い
日々の業務で忙しく、ほんと久しぶりにコートに立つなんて方もいらっしぃました。

試合は準決勝しか見れませんでしたが、ヨネックスの応援団長・緒方選手を中心とした面白応援が印象的でした。
あんな応援あったら絶対がんばれそうです。

団体戦って応援も派手にできるからたのしいですよね。



あと、あとタジマヤのホームページが新しくなりました。
これからどんどん商品アップしていきますので、チェックしてください。
ラケットショップ タジマヤ
スポンサーサイト
新入生シーズン到来です。

うちのお店は、これから一ヶ月くらいが一年で一番忙しい時期になります。

中学生の新入生の本入部は学校によっても違うと思いますが、春の大会が終わって一段落する頃のゴールデンウィーク明けが多いようです。

春の大会といえば、ここ伊勢崎では昨日今日で地区大会が終了しました。

お店にも、「勝ちました?↑」「負けました?↓」と何人か買い物がてら報告に。

地区代表になった選手たちには、県大会でもがんばってほしいですね。

中学新入生にはソフトテニス用セットを扱い始めましたよ。


↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです

にほんブログ村 テニスブログへ  
http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です

CIMG3882_convert_20090314232113.jpg

ヨネックスの松口さんが講習会をしに来てくれました。

松口さんは去年全日本で優勝しているすっごいプレイヤーで、昨夏のタジマヤのソフトテニスフェスタにも来てくれました。

今回は「指導者講習会」ということで、学生じゃなく指導者を対象とした講習会をしてくれました。

私は店番だったので参加することができなかったのですが、うちのスタッフは分かりやすい講習会だったと言ってました。

トレーニングからショットまで一通りやってくれたみたいですが、上級者向きの内容が多かったようです。

CIMG3887_convert_20090314232232.jpg

こういった講習会は非常にありがたいです。

モチベーション上がりますよね。

ありがとうございました! 是非またお願いします!


↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです

にほんブログ村 テニスブログへ  人気ブログランキングへ

http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です



伊達さん復帰みたいですね!

テニスというスポーツで、30代後半での復帰というのは、ものすごいことだと思います。

特に女子プレイヤーの寿命は、そう長くないですからね。

若手活躍の起爆剤になってくれるのでしょうか?


話はソフトテニスへ。

昨日は、入学式の学校が多かったようですね。

新入生の部活デビューはもう少し先でしょうが、お店は新入生を迎える準備ができました。


今年も新入生セールをやりますよ。

新中学生対象のラケット、シューズ、その他小物を、お求めやすい価格にて提供します。


初めてソフトテニスをする人、もしくは保護者の方は、どんなラケットを買って、どんなものを揃えていいかわからないと思います。

そんな初めての人たちのために、これだけ買っておけば、というものをご用意しました。

もう毎年恒例のセールになりますが、相変わらずご父兄の方からは好評です。


入部して最初のうちは、ボール拾いがほとんどの子が多いでしょう。

ボール拾いって、慣れないと結構地面をこするんですよね。

特にクレーコートは摩擦が大きいので、フレームを痛めやすいんです。

初めから高いラケットを買って、フレームをボロボロにしたんじゃもったいないですよね。

それを考えると、最初の一本は比較的安く、しかもしっかり使えるラケットが理想です。

当店でオススメしているのは、量販店でよくみかける安いだけの粗悪なアルミのラケットじゃありません。

高いラケットと同様のカーボンを使用したラケットなので、最初のうちは十分に打ち込めますし、2本目への移行もスムーズでしょう。


シューズも消耗品なので、できるだけお安くしています。


その他、シューズケース、グリップテープ、ガードテープ、セルフテニス、ソックス、などなど・・・。


もうすぐウェブに載せますので、興味のある方は是非チェックしてくださいね。



↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです



http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です
今日、高崎健康福祉大学高崎高校(略して健大高崎、さらに略して健大)の女子ソフトテニス部さんに用事があり、学校にお邪魔しました。

知っている方も多いと思いますが、全国優勝を何度も経験しているソフトテニスの名門校です。

顧問の加藤先生は、いつも興味深いお話をしてくださいます。

今日もおもしろいお話をしてくださいました。

健大では、中学生を招待して一緒に練習をすることも多いそうで、その時には健大の生徒さんが中学生の面倒を見るそうです。


人に教えることによって、自分がその技術を理解しているか確認できる。

人に自分の技術を教えられないようであれば、それは自分の中で消化できてないということ。


このような意味合いのことをおっしゃっていました。


私も、テニスを教える立場にいる人間なので、なるほどなぁと思いました。

教えることはすごく難しいことですが、教えるだけで終わらないで、「自分の技術を人に教えること」を教えてあげることで、確かに成長するんだろうなあと。


なかなか、高校生のうちからその域に達するのは難しいと思いますが、健大の生徒さんは、みんなうまくやっているようです。

練習風景を見ると、それも納得できるすごくいい雰囲気です。


部活動で先輩をやっている人は、是非後輩たちに自分の持っている技術を教えてあげてください。

それが自分のレベルアップにつながるはずです。

でも、間違ったことを教えちゃうとまずいから、知識のある人に確認してからの方がいいかもしれませんね。

読んだ後に応援クリックお願いします


にほんブログ村 テニスブログへ(文字をクリック)

テニスには、硬式テニスとソフトテニスの2種類がありますが、「テニス」というと、どちらを想像しますか?


以前、メーカーの営業の人と話をしているとき、興味深い話を聞きました。


一般的には、「テニス」といったら硬式テニスをさすと思いますが、地域によってはそうでないところもあるそうです。

関東地方でいうと、主に東京、神奈川などの南関東は、硬式テニスのことは「テニス」、ソフトテニスのことは「ソフトテニス」と表現するそうです。

まあ、これが一般的でしょう。


しかし、我が町群馬や栃木などの北関東圏では、「テニス」というとソフトテニスのことをさし、硬式テニスのことは「硬式」と表現する人が多いようです。

でも、硬式テニスしか経験のない人は、硬式テニスのことは「テニス」と言いますかね。


ともかく、そういう傾向があるらしいです。

まあ確かに思い当たるふちはあるなぁ、と感じました。


全国的にも中学校の部活動のメインとなるのは、硬式テニスよりもソフトテニスでしょう。

その傾向は、田舎に行くほど強くなります。

そんな田舎(北関東の人、すみません)だからこそ「テニス」といったら、やはりソフトテニスになってしまうのでしょうね。


ソフトテニスをしている方へ

「ソフトテニス」のことを、普段なんと呼んでいますか?




[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ← 1クリックのご協力をお願いします!

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

ゴールデンウィーク真っ只中ですね。

この時期は、新入生がどっと押し寄せます。

特にソフトテニス部に入る新中学生が多いです。

ソフトテニスは初めてという子がほとんどなので、新入生セットというものを毎年用意しています。

一年生のうちは、ボール拾いがメインとなることが多いと思いますが、このボール拾いって結構ラケットにダメージを与えるんですよね。

もちろん、地面をすらないように丁寧に扱えばそんなこともないでしょうが、ラケットというものに慣れていない新人中学生さんには、なかなか難しいものだと思います。

ソフトテニスのラケットは、硬式テニスのラケットと違い、バンパーグロメットがありません。

新入生の何ヶ月か経ったラケットを見ると、地面と接触した部分のカーボン繊維がむき出しだったり、さらに進行が進みカーボンの向こう側の空洞が見えていたりすることもあります。

せっかく高いお金を出したラケットなのに、ボール拾いでダメにしてしまったらもったいないですよね。

毎日練習をして、3年間同じラケット一本で過ごすのは難しいことかもしれませんが、道具は大事に使って欲しいものです。

                   
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。