略して・・・甘納豆ブログ! でもテニス関係のブログです。
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090717+006_convert_20090717225017.jpg

シグナムプロから新しいストリングが発売されました。


その名も

「トルネード」


「ハイペリオン」


「ツイスター」


見ての通り黒と黄色と、派手めな感じです。


どんなストリングかといいますと、トルネードは7角形でねじりの入ったスピン使用。

ハイペリオンは表面つるつる反発系、ツイスターはねじりを入れたプロハリツアー的なストリングです。

まだ使ってないので後日しっかりした説明をしたいと思います。


シグナムプロというブランドは発売されているストリングが全てポリエステルというこだわりのブランドです。

そして職人気質のイメージが強いドイツブランドです。

オレンジ色のポリプラズマで一躍有名になりましたね。


個人的にここんちのストリングは好きで、ゲージ違いを含めると20種類在庫しています。

いろんなストリングを在庫したいのですが、どうしても全てというわけにはいきません。

自分で使っておすすめできるものを、というスタンスで在庫するようにしていたら… 増えていました。

ただこれらはまだ使用していませんが、おそらくいい感じだと思うんです。

なぜなら、ポリエステルではこのシグナムプロとポリスター(ドイツブランド)は個人的に好きなので。


新しもの好きのみなさん!

おもしろそうなストリングが出ましたよ!


↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです

にほんブログ村 テニスブログへ 
 
http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です
スポンサーサイト
090620+003_convert_20090622150152.jpg

先日の草津フューチャーズの時に、こんな選手がいました。

ナチュラルとポリの組み合わせで、縦糸と横糸をどちらにするかを考え中だという選手です。

今までは縦にポリを使っていたそうですが、逆も試したいということでテンションを同じにして打ち比べてもらいました。

結果は縦にナチュラルをもってきた方が良かったとのことだったのですが、結局大会中は今まで通りの組み合わせでいくことになりました。

大会中は悪天候が続くとの予報だったので、ナチュラルを縦に使うとすぐに切れてしまって精神的にきつくなりそうだとのことで、こういう選択になりました。

ナチュラルは水分を含むと膨張してそれ本来のパフォーマンスを発揮しにくくなり、耐久性もなくなります。

実際どれくらいで切れるかというと、この選手の場合は2時間の練習で切ってきました。

プロの世界でこの時間が早いか遅いかは別にして、それがストレスに感じるというのが問題です。


水分に弱いのはナチュラルばかりではなく、ナイロンやポリも同じです。

同じと言ってもナチュラルほど影響は受けませんが、濡れてしまったストリングは劣化します。

雨の日に使って、その後の使用時に「あれっ?」と感じた人は少なくないでしょう。

「ボソっ」みたいな感じになってしまいます。

できる限り雨の日の使用は避けたいですが、大会ではそうもいってられないですからね、大変です。

一度雨の日に使ってしまったら、大会前には張り替えた方がいいと思いますよ。



↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです

にほんブログ村 テニスブログへ 
 
http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です
ターボエナジープロハリツアー

blog09224+003_convert_20090224213401.jpg

お店で扱う商品はできるだけ試して、自分の言葉でお客さんに説明できるように努力しています。

メーカーさんの説明をそのまんま説明してもいいんでしょうが、自分で使ってみると「これは違うなぁ?」みたいなことが正直あります。

もとろん私個人的な感覚で、万人の人は違う感じ方をするということも考えられますが。

ただ、人の言葉で説明するより自分の言葉で説明したほうが説得力は生まれると思うんですよね。

さて、今日はそのうちのひとつをご紹介。

テニスストリングの性能比較をしてみました。

うちで学生に人気のある3種類の同ゲージのポリストリングを同じ条件で試してみました。

使用したストリングは、ポリスターの「ターボ125」、同じくポリスターの「エナジー125」、バボラの「ハリケーンツアー125」です。

使用する前日に、3本の同じラケットに52ポンドで張り上げました。

ただターボだけはストリングの特性上、うちではちょっとした加減をして張っています。

私だけの感想だけでなく、私といっしょにジュニアのコーチをしてもらっている二人にも感想を聞いてみました。

実際3人の感想はほぼいっしょになりましたので、まとめてみます。

・ターボ125
打球感が軽くやわらかい印象。
やわらかい感じはするが、ボールホールドはそんなに長くなく軽快に飛んでいく感じ。
スピンはかなりかかり、私はかかりすぎてボールが手前に落ちてしまうほどでした。
125というゲージ以上に細く感じ、使用者によっては物足りなさを感じるかも・・・。

・エナジー125
ボールホールドと飛びのバランスがかなり良く感じた。
ハードヒットしたときの「グッ」というホールド感があり、コントロールしやすい印象。
スピンもよくかかり、この3種類の中では一番バランスが取れていた感じ。

・ハリケーンツアー125
打球感は一番しっかりしていて、この3種類の中では芯の強い印象。
125ゲージの割には硬さがあり(数あるポリ全体の中ではやわらかい打球感と言われている)、ハードヒッターには安心感があると思われる。
上記2種類よりも振動がやや大きめに感じた。

ざっとこんな感じですが、ラケットとの相性もあると思いますので参考程度にしておいてください。

張りたてのポリストリングを打ってみて改めて感じたことがひとつ。

ハードヒットしたときの安心感をものすごく感じ、打っても打ってもコートの中におさまり、かなり思いっきり振れました。

ただ、ラケットが振れなくて合わせにいった時は、硬くて飛ばないストリング・・・。

やっぱりポリはハードヒッターにこそメリットを感じられるストリングだと思いますので、スイングスピードの遅い人にはオススメできません。

このストリングで1試合振り続ける体力は、悲しいながら私には無いなと感じてしまいました。


今回のストリングの他にも、当店でのポリスターとバボラのポリストリングの扱いは下記のとおりです。

ポリスター:ターボ130、エナジー130、クラシック125、130
バボラ:プロハリケーンツアー120、130、135、プロハリケーン120、125、130、135

興味のある方は試してみてください。


↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです

にほんブログ村 テニスブログへ

http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です

今日もたくさんストリングの張り替えのご注文をいただきました。

ありがたいことです。

当店は、ソフトテニスと硬式テニスの扱いがメインのお店なのですが、硬式テニスの張り替えが最近多くなってきています。

日が伸びて、練習時間が増えたせいでしょうか、夏休みにも入りましたしね。

ソフトテニスを中学時代していて、高校で硬式テニスをするという人は多いのですが、やはりソフトテニスを経験していると、ボールの当たりが厚い。

そのせいもあるでしょう、硬式テニスを初めて2、3ヶ月の子が、ポリストリングを2週間くらいで切ってくるケースも少なくありません。

親御さんは驚きでしょうね。

ソフトテニスはボールが柔らかいせいもあり、そこまで切ることはありません。

張替えの理由で多いのは、「緩んできたから」「飛ばなくなったから」などです。

そこへきて、また切っちゃったーと来るわけですから。


「うちの子、へたくそだからすぐ切っちゃうんですよ」

と言う親御さんも、少なくありません。

テニスを知らない人なら、そう思ってしまうのも無理はないのかもしれませんね。

実際はその真逆で、角切れでなければ、上手になっている証拠だといえると思います。


ストリングの切れる場所で、その人のプレイスタイルが分かるケースもあります。

スピンをかける人は、ヘッドを走らせる打ち方をするので、中心よりやや上を切ってきます。

フラット系の人、もしくはヘッドを走らせるのが苦手な人は、面で合わせる打ち方になりやすいので、中心に近いところを切る傾向があります。

なので、ど真ん中が切れるよりもやや上で切れた方が、現代的なヘッドを走らせる打ち方をしていると言えます。

あとは、グリップテープの汚れ位置やストリングのボール跡、ストリングの消耗具合などで、だいたいどんなプレイスタイルなのか予測はつきます。

まあ、あくまでだいたいです。

ショップの店員さんは、皆さんの持ってこられたラケットを見て、いろいろ妄想しているんです。(ちょっと恐い?)



↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです

[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング]


http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です



硬式テニスストリングの新商品が入荷しました。

ダビデンコが使用している、ポリスターのエナジーというストリングをご存知でしょうか?

このストリングの特徴は、打球感とテンション維持率です。

メーカーさん的には、現存するポリエステル素材のストリングの中でも、1,2を争う柔らかさとのことです。

確かに、ポリの中では柔らかさは感じやすいストリングだと思います。

また、テンション維持率もかなり高いと言っています、メーカーさんは。

以前にも触れましたが、ポリはテンション維持率が最大のネックで、張りたての美味しさが長く続きません。

なので、ポリでテンション維持率が高いというのは、すごくうれしいことなんです。


そんなポリスターのエナジーのスピンタイプのストリングが発売されました。

スピンタイプのストリングは数あれど、この形は珍しいのではないでしょうか?

写真の下がその形です。

見て、触ってみると、本当にこんな形をしてるんです!

うーん、かなりマニアックな形。


スピンタイプのポリで多い形は、多角形タイプです。

バボラ「ハリケーンツアー」の8角形タイプ。

シグナムプロ「プラズマヘキストリーム」の6角形タイプ。

イソスピード「ピラミッド」の3角形タイプ、など。


他のタイプでは、表面に溝のある、ルキシロン「アルパワーラフ」などもあります。


正直な話、このたぐいのストリングがどれほどスピンがかかるのかは疑問な点も・・・。

もちろん、かかりやすいという検証がされているのでしょうけれども、

使ってみて「オー、かかる!」と感じる人もいるのでしょうけれども、

中には、「わからん」って人もいるでしょう。


まあ、それはそれで人によって感じ方は違うでしょうが、今回発売された「エナジーターボ」はどうなんでしょうかね?

既存の「エナジー」のスピンタイプとのことなので、期待しましょう。

ちなみにゲージは、1.25と1.30の2タイプ、価格は既存エナジー\2,520に対して、\2,730と高くなっています。

来週あたりから、お試しセールをしようと思ってます。


↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです

[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング]


http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です

いよいよ7月に突入しましたね。

「7月」という言葉だけで、一気に暑さを感じてしまいます。

朝夜はまだ涼しく感じますが、今日の昼間は暑かったですね。

明日午前中は外レッスンなので、暑いのはできるだけ勘弁してほしいのですが、明日も30度近くまで上がるとのことです・・・。


ここ一週間くらい、高校生の張替えが少なかったのですが、今日は多かったです。

どうやら地元の高校のテストが終わった日のようで、今日から部活が開始されたようです。


ここ数年、硬式テニス部の高校生の間では、ポリエステルが主流となっています。

ナイロンだと1週間くらいで切ってしまう子も多いので、仕方ないのでしょうね。


「2週間くらいすると、ボールが落ちなくなるんですけど何でですか?」

「最初はいいんですが、1週間くらいで打球感がなんか変わって変な感じがするんですけど」


なんてことも言う子もいますし、

3ヶ月くらい張りっ放しでも

「全然わかんないです」

ていう子もいます。


ポリエステルのストリングは切れにくいですが、性能寿命は非常に短く、テニス頻度が多い人は1ヶ月もすれば性能は段違いに劣化しています。

○飛びが悪くなる
○回転がかからなくなる
○雑振動が増える
○打球感が悪くなる

みたいなことを感じ取れる人は、最近増えている気がします。

ただ徐々に劣化していくので、気づかない人がいるのもうなずけます。


ただ体に有害な振動が増えるのは確かなようなので、性能劣化が分からなくても、1ヶ月くらいで張り替えるべきかなと思います。

学生さんは親御さんの理解がないと難しいでしょうから、日頃からいい子にしてお小遣いをもらえるようにしておきましょう!


↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです



http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です


「シグナムプロ」


というメーカーを知っていますか?

ポリプラズマという、オレンジ色のストリングで話題となりました。

いや、まだ話題は継続中ですね。


ポリエステル素材のストリングは、ある程度のスイングスピードがあれば、ホールドの強い独特の打球感を味わうことができます。

しかし、悩みの種といえば、テンション維持力が低いということ。

張りたてはすごく心地よいホールドのある打球感なのに、使っているうちに打球感が変わってくる。

敏感な人なら、数十分打っただけで打球感の変化に気づくはずです。

切れにくいというメリットを持っていますが、切れなくても寿命はかなり早く、一ヶ月くらいで張り替えないと打球感の維持は難しいでしょう。(もちろん使用時間、状況により変わります)

ただ間違いなく、ナイロンストリングよりも寿命は短いと思ってください。


そんな中で発売されたのが、


「ポリプラズマ」。


ポリなのに、テンション維持力に長けているという性能と、見た目にど派手なオレンジカラーが大当たり!

当店でも、人気ストリングとして定着しています。

その後、断面が6角形のスピン仕様の

「プラズマヘキストリーム」

が発売され、やはり人気ものになりました。

これが、今復活しつつあるカラーストリングブームのきっかけともいえるのではないでしょうか。


そして今日、ポリプラズマのバージョンアップモデルが入荷しました。

その名も、


「プラズマピュア」(1.18、1.23、1.28?の3ゲージ)


と、


「プラズマヘキストリームピュア」(1.20、1.25?の2ゲージ)


です。

いずれも、先に紹介したモデルのバージョンアップで、全モデルより打球感がさらにソフトになったとのことです。


色はホワイトで、落ち着いた感じになりました。

使ってみたかったけどオレンジがちょっとなぁ、という人もいたのではないでしょうか?

そんな方にはもってこいのストリングですね。


ポリユーザーは一度お試しあれ!



↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです


http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です
                   
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。