略して・・・甘納豆ブログ! でもテニス関係のブログです。
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



杉山選手勝ちましたね。

シャラポワ負けちゃいました。


今回のウィンブルドンはシード選手が続々と敗れていて、大荒れの雰囲気がしますね。


ヨネックスの試打ラケットのストリングを張替え、試打してみました。

性能を比べるには、同じ条件で打たなければ分からないと思い、同じストリングを同じテンションで張り上げてみました。

試打したのは、「RDS002」「RDS003」の2本です。

RDS002
○平均300g
○98平方インチ
○平均320?
○22?23?
○27インチ

RDS003
○平均295g
○100平方インチ
○平均320?
○20?24?
○27.25インチ

ざっとこんな感じのスペックです。

重さの違いが平均5g、フェイスの違いが2平方インチ、バランスポイントの平均が一緒、フレーム厚も大差なし、というかなり似通ったラケット

スペックで比べてみると、さほど変わらない感じがしますので、どんだけ違うんだと購入を悩んだ方も多いと思います。

打った感想を一言でお話しますと・・・


「そんなに変わらないかな」


確かに若干の違いはあるものの、ものすごく大きい差という感じはしないので、どっちでもいいんじゃない?という感じです。(ヨネックスさん、すみません)

でもそんなことじゃ、お客さんに勧められないので、がんばって?違いを探しました。

その中で、私の感じたその若干の違いをお話します。


まず、打つ打たないの前に振った感じですが、003の方がやや長いこともあり、ヘッドの重さを感じました。

ラケット自体は重いのに、振りぬきは002のがいいですね。

打ってみて、

002は、ややシャープな打感、ホールドも感じますが、わりと敏感な打感です。

003と比べると、ホールドはやや少なめで、スパーン!と気持ちよく飛んでくれます。

003は、ややホールド強めで、パワーがあります。

シャフト部分が薄いせいなのか、しなる感じがあり打球感がやや重くなり、手応えが強めです。

回転のかかり具合は、それほど優劣は感じ取れませんでしたが、003の方がホールドが長い分、なんとなく回転かけやすかった気がします。

ややかかりやすかったかな、くらいの差です。


どちらも、フラット系、スピン系、どちらも扱いやすいと思いますが、しっかりとしたホールド感を感じたいのならば、003。

振りぬき重視で、やや敏感な打球感を望むなら、002。

かな・・・。


なんとなくなインプレッションですが、迷っている方の参考になれば幸いです。



↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです



http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です
                   
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。