略して・・・甘納豆ブログ! でもテニス関係のブログです。
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんは、ラケットに張ってある「糸」を何と呼びますか?


「ガット」と「ストリング」、どちらが正しい呼び方なのでしょうか?


「ガット」は、羊や豚などの動物の腸から作った糸という意味です。

「ストリング」は、糸、弦楽器の弦という意味があります。


どちらも「糸」という意味合いを持っているようです。


日本で一般的なのは、「ガット」という呼び方だと思いますが、世界的に見ると「ストリング」と呼んでいるようです。

ただ、日本以外(多分)で「ガット」というと、ナチュラルのことをさすようです。

つまり、世界的には「ガット」といえば、ナチュラルのことで、「ストリング」といえば、シンセティックのことということになります。

ナチュラルは、昔は羊の腸で作られていましたが、現在は牛の腸で作られています。


日本のストリングメーカーの老舗、ゴーセンでは、あえて「ガット」という呼び方をしています。

日本では昔から「ガット」という呼び方の方が親しまれているのが背景のようで、そうしたようです。

ゴーセンは、張り人という新しい言葉を作りましたが、一方で、オフィシャルストリンガーという言葉も使っています。

オフィシャルガッターじゃ、おかしいですもんね。


同じ日本メーカーのヨネックスや、その他の海外メーカーも、「ストリング」と呼んでいます。


ただ、プリンスのように商品全体的には「ストリング」と呼んでいながら、商品名には「シンセティックガットDF16」のように、「ガット」という言葉を使っているメーカーもあります。

先にも書きましたが、「ガット」とは本来ナチュラルのことだと思っていたら、バボラなんかは、ナチュラルなのに「ナチュラルストリング」と呼んでいるし…。


一方、プリンスでは「ナチュラルガット」です。


なんか、なんでもありなんですかね…。


ただ張る人のことは、日本でも世界でも共通して、ストリンガーと呼んでいるので、やはり「ストリング」と呼んだ方が普通なのでしょうか?


どっちでも意味はわかりますから、どっちでもいいって言ってしまえばそれまでですが。


みなさんは、何と呼んでいますか?




スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

      
トラックバック
トラックバックURL
→http://gakogakogakogako.blog63.fc2.com/tb.php/164-a3427c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。