略して・・・甘納豆ブログ! でもテニス関係のブログです。
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






秋の新作シューズ第二弾は、日本が誇る世界的メーカー「ミズノ」です。

様々なスポーツ分野でトップを走る、言わずとも知れたメーカーですね。

正直、硬式テニスでのシェアは少ないですが、ソフトテニスに関しては、ヨネックスとのトップ2です。

日本のメーカーですから、日本人の足を知り尽くしているのはもちろん、様々なスポーツからのフィードバックがありますので、モノが悪いわけがありません。

今回発売されたのは2機種で、

「ウェーブエクシードDC6」(写真上・ホワイト)

「ウェーブエクシードDCフィット」(写真下・シルバー)

です。

共に、オムニクレー用です。

ミズノのシューズといえば、「ミズノウェーブ」という機能。(写真がそれです)

クッション性、安定性、横ずれ抵抗性、の3つの機能を全て満たす波型形状のソールです。

詳細は↓
http://www.mizuno.jp/catalog/category/1090060010/

「DC6」は3E、「DCフィット」は2Eになります。

今のテニスシューズは3Eが主流ですが、最近は2Eのシューズも増えてきています。

日本人の足は欧米人に比べて幅広なので、欧米メーカーのシューズと比べるとゆったり目に作られています。

ただ選手レベルになると(そうじゃない人でも)、幅が広すぎるシューズは足が靴の中で動いてしまい、パワーロスにつながります。

つまり最初の一歩目が遅れる可能性があるんです。

わずかでしょうが、テニスという一瞬の判断で動くスポーツでは、致命傷になりかねません。

ということで、パワーロスを抑えるために、平均的な日本人の足にはやや狭く感じる2Eという幅のシューズも上位機種に限り増えています。

私は3Eがちょうどいい平均的な日本人足なので、2Eはややきつめに感じ、4Eだとゆとりがありすぎます。

個人個人で足の形は様々なので、やはり自分に合ったシューズを履きたいですよね。

当店では、簡単ではありますが足の長さと幅を計る道具がありますので、どの広さのシューズが合うか分からないという人は、一度ご相談ください。

ちなみにこの2つのミズノのシューズは、基本的なつくりは同じで、幅の広さだけが違うモデルになってますよ。

メーカー価格\11,550のところ、当店価格は2機種共に、\9,820です。


↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです

[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング]

[http://blog.with2.net/in.php?700465 人気ブログランキングへ]


http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です

スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

      
トラックバック
トラックバックURL
→http://gakogakogakogako.blog63.fc2.com/tb.php/44-2869c246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。