略して・・・甘納豆ブログ! でもテニス関係のブログです。
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もたくさんストリングの張り替えのご注文をいただきました。

ありがたいことです。

当店は、ソフトテニスと硬式テニスの扱いがメインのお店なのですが、硬式テニスの張り替えが最近多くなってきています。

日が伸びて、練習時間が増えたせいでしょうか、夏休みにも入りましたしね。

ソフトテニスを中学時代していて、高校で硬式テニスをするという人は多いのですが、やはりソフトテニスを経験していると、ボールの当たりが厚い。

そのせいもあるでしょう、硬式テニスを初めて2、3ヶ月の子が、ポリストリングを2週間くらいで切ってくるケースも少なくありません。

親御さんは驚きでしょうね。

ソフトテニスはボールが柔らかいせいもあり、そこまで切ることはありません。

張替えの理由で多いのは、「緩んできたから」「飛ばなくなったから」などです。

そこへきて、また切っちゃったーと来るわけですから。


「うちの子、へたくそだからすぐ切っちゃうんですよ」

と言う親御さんも、少なくありません。

テニスを知らない人なら、そう思ってしまうのも無理はないのかもしれませんね。

実際はその真逆で、角切れでなければ、上手になっている証拠だといえると思います。


ストリングの切れる場所で、その人のプレイスタイルが分かるケースもあります。

スピンをかける人は、ヘッドを走らせる打ち方をするので、中心よりやや上を切ってきます。

フラット系の人、もしくはヘッドを走らせるのが苦手な人は、面で合わせる打ち方になりやすいので、中心に近いところを切る傾向があります。

なので、ど真ん中が切れるよりもやや上で切れた方が、現代的なヘッドを走らせる打ち方をしていると言えます。

あとは、グリップテープの汚れ位置やストリングのボール跡、ストリングの消耗具合などで、だいたいどんなプレイスタイルなのか予測はつきます。

まあ、あくまでだいたいです。

ショップの店員さんは、皆さんの持ってこられたラケットを見て、いろいろ妄想しているんです。(ちょっと恐い?)



↓励みになりますので、読んだらクリックしてもらえるとうれしいです

[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング]


http://www.tajimayanet.com/ ←タジマヤ入り口です

スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

      
トラックバック
トラックバックURL
→http://gakogakogakogako.blog63.fc2.com/tb.php/89-d3301d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。